ダイエットエクササイズ

コアリズムの基本動作

今、話題のダイエットエクササイズであるコアリズム。まったくダンスの経験すらない人でも、コアリズムは基本動作をマスターすればラテンダンスが踊れるようになります。 コアリズムの基本動作では、まず「コア・ラテラル」から。腰を左右に動かして、体脂肪を燃えやすい状態にすることで、くびれをつくる脇腹にある腹斜筋を効率よく鍛えます。 つま先を少し開いてかかとをつけてまっすぐ立ち、肩の高さでひじを曲げて両手の平は床に向けます。そして、左右の膝を交互に曲げて自然に腰を左右に動かして繰り返します。 次の基本動作は「コア・フレクション」です。腰を前後に動かしてお腹の縦にある腹直筋を鍛えるので、ぽっこり下腹を凹ませるのに効果的。 まず、足を肩幅より少し広めに開いて膝を軽く曲げ、両手は肩の高さで広げて手の平は床につきます。手や膝はそのまま、お腹をへこませます。お尻を後ろに突き出して背中をできるだけ反らすのを繰り返します。 最後の基本動作は「コア・ローテーション」という腰を前後左右に回す動き。すべての角度からお腹を引き締めます。 足を大きく開いて膝を軽く曲げます。肩の高さでひじを曲げて手の平は床に向けます。おへそを奥に押し込むようにお腹はへこませます。この状態で右腰を上げて右脇腹を縮めます。そしてお尻を後ろに突き出します。さらにこのまま左腰を上げて左脇腹を縮めて反対回りも同じように行います。 コアリズムでダイエットエクササイズを成功させるにはこの基本動作が最も重要です。